就業規則診断士とは「就業規則を基盤とした人事労務を通して、経営課題を解決することのできる専門家」です。現在は資格の付与など、公募ではなく、日本就業規則診断士協会の社員で、一定のスキルがあると認められた者に付与しております。また一定以上のスキルとは次の3つが可能である者としています。

経営者のビジョンを言語化できる

就業規則診断士は、一定以上のコーチングスキルを持っています。具体的には、経営者からのヒヤリングを通して、ビジョン、ミッション、カンパニースピリッツの言語化を行います。

一言で言うとビジョンとは「目指すべき姿」になります。ビジョンを明確にしている会社と、ビジョンがない会社、どちらに入社したいでしょうか。当然前者ですよね。例えば、私自身の社労士事務所では次のようなビジョンを掲げています。

働きやすさを追及し、専門領域の価値を高め、対価を享受できる事務所にする
人生のステージ合わせて、働き方を変えていくことができる事務所を目指します。それには、受け入れることのできるだけの経営的なキャパが必要になります。
また専門知識を磨いていくことで、その価値を高めていきます。そして、当然に従業員にもふさわしい給与を出せる事務所を目指します。
具体的には、一般平均年収の440万を正社員をつくることを最初の目標にします。

これだけでも、その社労士事務所が何を目指しているか、わかります。

さらにミッションとして次のものを掲げています。

人生の再出発の場所となる
就職の失敗、結婚退職、出産退職、転職などで、思い通りのキャリアが、途切れてしまった方や、現状の自分を変えたい人は多いと思います。弊所は、そんな方たちで、向上心のある方に、積極的にチャンスをつくり、また成長の機会を提供していくことで、事務所自体が成長していく仕組みをつくっていきます。

こういったビジョンやミッションを明確にすることは、採用の基準にもなり、何より価値感の大きくずれた社員を採用することが少なくなります。またビジョンやミッションに共感して、応募してくれるケースもあります。また、こうしたビジョンやミッションを常に周知していると、おのずとそれとは違い考えの社員は退職していきます。

ビジョンなき会社は、根のない大木と言い換えることができます。就業規則診断士がビジョンの言語化のお手伝いをします。

お金の流れを図表化できる

ビジョナリーパートナーの和仁達也先生の書籍に、経営者の「お困りごとトップ3」という話があります。この一つが、「社員との立場の違いからくる危機感のズレ」というものです。具体的には、経営者と従業員では入ってくる会社の情報が違うので、危機感についてもズレが生じるのはあたりまえです。しかし、例えば会社の経営数字を従業員にわかりやすく伝えることができたらどうでしょうか。従業員が最も気になる給与が、どのように確保されているのかがわかります。また逆に言えば、従業員の給与をあと一人5万円昇給するには、いくらの売上が必要かも説明できます。

就業規則や人事労務というと、お金は関係ないと思う方も多いと思いますが、就業規則診断士協会では全く別の考え方を持っています。単純にキャッシュがなければ、昇給も賞与もありえないです。だとすると経営数字に精通しないかぎり、人事労務を語っても机上の空論となってしまいます。

数字を見ないで人事労務を語る人は、素材を見ないで料理を語ることと同じです。お金のブロックパズルを使って、会社のお金の流れの全体像を把握します。

③ビジョンや経営数字をファシリーテーターとして説明できる

就業規則診断士の価値は、ビジョンを言語化したり、経営数字を把握できるだけでは終わりません。それらをかみ砕いて、従業員に伝えて納得してもらうことまでできなければ意味がないと考えています。

今まで就業規則の説明会をしたことのある人ならわかると思いますが、そのそのほとんどがいい雰囲気で行われることはありません。そもそも就業規則は「◯◯はしてはいけない」「○○をしたら懲戒とする」といった禁止事項などのが多いからです。それらを延々と聞く従業員は、「そんなに私たちのことが信頼できませんか?」という気持ちになるのも当然です。

就業規則の説明会では、会社の伝えたいことしか伝えないで、従業員の知りたいことを伝えないから、誰も興味を持ってくれないです。

具体的には、出産育児関係の従業員の保障、病気になったときの休職制度など、従業員に役立つ情報も伝えます。そして、どういときの昇給するのか、どうなったら賞与が上がるのかなど、ビジョンや経営数字を合わせて伝えると具体性が増して、現実味を帯びてくるのです。

就業規則診断士の真の価値は、説明責任の執行役にあるのではないかと思っています。

代表理事の寺田達也は、コンサルタントスター養成塾、キャッシュフローコーチ横浜2期にて、ビジョンの策定やお金のブロックパズルを学んでおります。現在、一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会に所属しています。